髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 美髪への近道!「シャンプー講座」~選び方&洗い方~ » ボタニカル?オーガニックシャンプー?何が違うの?
ページトップへ

ボタニカル?オーガニックシャンプー?何が違うの?

オーガニックとボタニカルとは?

髪に優しいこだわりのヘアケア製品として知られているオーガニック。最近では、オーガニックだけでなくボタニカルといった言葉も注目されてきています。オーガニックとボタニカルには、どのような意味があるのでしょうか?

細かい基準条件を全てクリアしなければならない「オーガニック」

まず、オーガニックとは有機栽培という意味を持ち、化学肥料や化学農薬を使わないで生産されたものをいいます。

しかも、生産地についても指定されており、3年間は化学肥料や化学農薬を使っていない事が条件と、作物そのものだけでなくそれを育てる土にまで厳しい条件を課しているのです。

他にも細かく基準が設定されており、それらをパスしなければオーガニックとは呼べません。ヘアケア製品でオーガニックとつくものは、こうした厳しいオーガニック農法で生産された材料を使っているのです。

植物由来といった意味を持つボタニカル

自然派志向の人たちから支持を受けているボタニカル。「植物もしくは植物由来」といった意味を持ち、ヘアケア製品以外にも幅広いジャンルで用いられています。

つまり、ボタニカルシャンプーとは、「植物由来のシャンプー」という意味のものなのです。

オーガニックシャンプーとボタニカルシャンプーの違い

オーガニックシャンプーの条件とは?

オーガニックの条件としては、化学合成農法や化学肥料を使わない事、有機肥料を使った土壌での生産が必須です。つまり、オーガニックシャンプーというのは、オーガニック認定を受けた植物成分が入っている事が前提となります。

ボタニカルシャンプーとは?

植物由来のシャンプーであるボタニカルシャンプー。一見するとオーガニックシャンプーと同じもののように思えますね。でも、共通しているのは植物由来だけ。ボタニカルシャンプーに使われている植物由来の元の素材は、オーガニックかどうか関係ないもの。もっといえば、自然由来とともに界面活性剤が入っている場合もあるといった、大きな違いがあるのです。

今人気の「ボタニカルシャンプー」をピックアップ!

ボタニカルシャンプーの中でも、話題のシャンプーについて調べてみたのですが、それを見ても一目瞭然です。

「BOTANISTボタニスト ボタニカルシャンプー」

ボタニストシャンプー

引用元:ボタニスト公式(https://goo.gl/hevXXn)

配合成分

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

多くの洗浄剤が使われているのですが、高級アルコール系界面活性剤のラウレス-4カルボン酸Naや、ベタイン系界面活性剤のコカミドプロピルベタイン、そして数種類のアミノ酸系界面活性剤や陰イオン性界面活性剤がみられます。

驚きの事実!植物由来の成分はたった「1つ」

そんな中、ボタニカルシャンプーのメインともなる植物由来のものは、なんとサトウキビエキスだけなのです。

なんとなくボタニカルと聞くと、オーガニックと同じようなイメージがありますが、よくよく見てみると全く異なるもの。イメージで選ばずに、洗浄成分も優しく、植物エキスや植物油がきちんと配合されているシャンプーを選ぶのが安心ですね。

植物エキスが配合されているシャンプーをcheckする

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証