髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 美髪への近道!「シャンプー講座」~選び方&洗い方~ » ノンシリコンシャンプーって本当にいいの?
ページトップへ

ノンシリコンシャンプーって本当にいいの?

ノンシリコンシャンプーって?

髪に優しいシャンプーとして、数年前からじわじわと広がってきたノンシリコンシャンプー。出始めの頃は何かと言われていたものですが、今ではすっかりこだわりのシャンプーの一つとして定着しています。

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないシャンプーの事

意外と知らない!?そもそも、シリコンって何?

シリコンとは化学的に合成処理したものであり、ジメチコンやシクロメチコン、シロキといった成分を含み、髪を守るキューティクルを保護して指通りを滑らかにするとして、シャンプーでは昔から一般的に使われている成分です。

シリコンは髪のキューティクルをカバーする形で保護するので、カラーリングやパーマの薬剤が浸透しにくくなると言われはじめたのがノンシリコンブームのきっかけ。

頭皮にシリコンが残ることで、頭皮トラブルを招くといわれていますが、低刺激で安全性も高いことから、化粧品などにも活用されています。こうしてみると、シリコンもそんなに悪いものではないことがわかります。

世間で騒がれているほど、実はそこまでノンシリコンにこだわる必要もないのが正直なところ。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンが入っていない事で困ることは、手触りが悪くなり髪がきしんでしまったり、頻繁にパーマやカラーをかけることで髪の毛のダメージがより進行してしまうこと。さらには、髪をコーティングしないのでドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い…といったデメリットがあるのです。

これらのデメリットをカバーするには、優しく洗う、トリートメントでしっかりと髪の傷みをケアする、そしてできれば髪を乾かす際にはアウトバストリートメントを使うとより効果的です。しっかりとトリートメントでケアすれば、ノンシリコンシャンプーによるパサパサも心配ないのです。
また、無駄に傷めないためにも、シャンプーの洗浄成分にも注意が必要です。

シャンプーの洗浄成分について詳しく知りたい

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証