髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 【大辞典】シャンプー&トリートメント成分一覧
ページトップへ

【大辞典】シャンプー&トリートメント成分一覧

シャンプーの構成内容

シャンプーの働きは、毛髪や頭皮についた汚れを落とすことです。そのために、界面活性剤・コンディショニング成分・増粘剤・防腐剤・毛髪保護剤・香料などが配合されています。

汚れには、ホコリやヘアスタイリング剤などの汚れと、汗や皮脂、フケといった自分自身から出てくる汚れがあります。これらの汚れは油系の性質を持ち、お湯で洗い流したぐらいではきれいに落とせません。そんな汚れを落とすために、泡立ちが良く優れた洗浄力を持つアニオン界面活性剤や刺激が少なくベビーシャンプーなどにも使われる両性界面活性剤などが使われています。

トリートメントの構成内容

シャンプー後に使うトリートメントは、髪を整えキューティクルなどの働きをサポートするもの。カチオン界面活性剤と油分のコンディショニング成分をメインに、コンディショニング成分を配合して健康的な髪に近づけています。

シャンプー後のケアにはリンス、トリートメント、コンディショナーとありますが、リンスよりもトリートメントの方が油分やコンディショニング成分が多く配合されており、コンディショナーはリンスとトリートメントの両方の性質が兼ね備えられています。

ただ、最近のトリートメントは、機能が強化されたり洗い流さないタイプまで出てきたりと、高い進化を遂げています。そうした影響からも、リンスを利用する人がめっきりと減ってきているようです。

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証