髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » つや髪美人の新常識!みんなやってる5つのこと~パサつき対策~ » アウトバストリートメント
ページトップへ

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントとは?

アウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントの事です。入浴後に髪につけて、そのまま。洗い流すトリートメントは髪に栄養を与える事を目的としていますが、アウトバストリートメントは、髪にハリやツヤを与え、切れ毛や枝毛を防ぎ、強力なコーティングで摩擦や紫外線から守る事を目的としています。

アウトバストリートメントは全部で3タイプ

アウトバストリートメントには、オイル・ミルク(もしくはクリーム)・ミストといった3タイプがあり、それぞれが目的も使い方も異なります。

種類 特徴

オイルタイプ

オイルは、油分が多く熱や乾燥などのダメージから髪を守るのに長けており、艶のあるサラサラ髪にするので、髪が広がって困るといった人におすすめです。

ミルクタイプ

ミルクは、脂分だけでなく水分もある事から傷んだ髪のケア効果が高く、しっとりとした髪にするので、太くてごわごわしてしまう髪に向いています。
ミストタイプ ミストタイプは、保湿成分の浸透力が高く、軽いつけ心地でスタイリング剤にもなるといった便利な機能もある事から、髪が絡まりやすい人のスタイリング剤としても最適です。
種類

オイルタイプ

特徴
オイルは、油分が多く熱や乾燥などのダメージから髪を守るに長けており、艶のあるサラサラ髪にするので、髪が広がって困るといった人におすすめです。
種類

ミルクタイプ

特徴
ミルクは、脂分だけでなく水分もある事から傷んだ髪のケア効果が高く、しっとりとした髪にするので、太くてごわごわしてしまう髪に向いています。
種類
ミストタイプ
特徴
ミストタイプは、保湿成分の浸透力が高く、軽いつけ心地でスタイリング剤にもなるといった便利な機能もある事から、髪が絡まりやすい人のスタイリング剤としても最適です。

アウトバストリートメントのつけ方

基本的に、アウトバストリートメントはお風呂上がりのタオルドライした髪に使うもの。ただ、製品によってはドライヤーをあてた後の潤い補給として、髪を乾かしてから使うものもあります。

お風呂上がりのタオルドライした後の髪に使う場合は、毛先中心につけて馴染ませ、ドライヤーでしっかりと乾かします。ミストタイプだと、髪に直接スプレーして手ぐしで馴染ませますが、どちらにしろつけすぎはべたつきの原因になりますので注意が必要。また、頭皮につけてしまうと、かゆみやかぶれになる事もあるので、直接つかないように気を付けます。

乾いた髪に使う場合は、つけた後にドライヤーでしっかりと乾かします。なかには、ドライヤーの熱が加わる事で本来の力を発揮するものも。また、ヘアアイロンを使うときは、最後に使います。商品によってはヘアアイロン前に使う事を禁止しているものもあるので、必ず事前に確認するようにしましょう。

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証