髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 教えて!髪のお悩みQ&A » 梅雨の時期や雨が降ると髪が広がるのはなぜ?
ページトップへ

梅雨の時期や雨が降ると髪が広がるのはなぜ?

その理由は、内部流失にあり!?

雨の日は、なぜか髪が広がってしまう…なんて悩みを持つ女性は少なくありません。髪にダメージを受けている人ほどひどく影響を受けてしまうようで、カラーやパーマ、間違ったドライヤーのやり方をしている人、ヘアアイロンを頻繁に使用している人、そしてくせ毛の人ほど雨の日のスタイリングには苦労するようです。連日雨が降ることが多く湿度も高い梅雨などは厄介です。

髪の毛は、外側をキューティクルが多い、その内側にコルテックス、中心部をメデュラと呼ばれる部分で成り立っています。キューティクルがはがれてしまうとコルテックスが外に流れ出てしまい、髪内部がスカスカ状態になります。これがパサつきや枝毛、切れ毛にします。

雨の日は湿度が上がりますから、空気中の水が、失われたコルテックスの代わりに入り込み、髪内部の水分量が増加。必要以上に水分が入り込むので、髪が広がり膨張したようなまとまりのない髪にしてしまうのです。

雨の日の髪の広がりを抑えるには?

雨の日に髪が広がるのを予防するには、ヘアオイルやワックスで、内部に余計な水分が入らないように保護、コーティングしてあげることが大事。ただ、基本はダメージから髪を回復させることです。傷ついたキューティクルをしっかりと補修、保護することで、雨の日でも髪が広がらずまとまりやすくなってくれるのです。

アウトバスケア&インバスケアのWでお手入れ

シャンプー後は、トリートメントやマスク、パックを使用して、髪を念入りにケア。シャンプー後にトリートメントをおこない、タオルドライ後にドライヤーで根元をしっかりと乾かしたら、最後にアウトバストリートメントでしっかりと閉じてあげるのがおすすめです。

また、梅雨のような雨が連日続くときや天気に関わらず湿度が高い日は、しっとりタイプを選ぶといいです。髪の毛の表面に被膜をつくり、広がりにくくしてくれます。ダメージのひどい髪は、アウトバスケアで乾燥対策をしながら、インバスケアで内部からしっかり補修してあげましょう。

トリートメントよりもヘアマスクケアでスペシャルケア

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証