髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 美容師が教える!艶髪☆印象美人になるためのスキルアップ講座 » カラーを長持ちさせる方法
ページトップへ

カラーを長持ちさせる方法

カラーをした日のシャンプーがポイント

この記事を監修した美容師さん  フリーランス美容師:NANA

せっかくのカラーがすぐに落ちてしまった…という経験は誰でもあるのではないでしょうか?実は、カラーの持ちはその後のケアで決まります。色落ちを早く進めてしまうのは、入浴時のシャンプー&トリートメント。カラー専用のものを使うのはもちろんですが、それだけでなく気を付けなくてはいけないことがあります。

カラーをした日にシャンプーをするのはNG!

なぜなら、カラーの薬剤が髪にしっかりと馴染むには、最低でも24時間かかるから。薬剤で髪を膨らませて、その中に色の粒を入れているので、施術当日は髪が膨らんだままの水に馴染みやすい状態です。そのため、髪を水で濡らしてシャンプーをしてしまうとせっかく入れた色が流れ出てしまうことに…。

ダメージヘアであればタンパク質までもが流れ出てしまい、さらにひどい状態にしてしまうこともありますから、カラー当日にシャンプーはやめておくことをおすすめします。サロンで染めた後にワックスやスプレーなどでセットをしないようにお願いすれば、シャンプーする必要もなくなりますよ。

カラーをした日は湯シャンだけでも充分

髪の汚れがどうしても気になる場合は、ブラッシングして軽く湯シャンだけで済ませるようにしましょう。それだけでも、十分汚れは落とせます。

また、その後のシャンプーの仕方もちょっと気を付けたいもの。シャンプーは頭皮をメインに洗うようにし、トリートメントは揉みこみすぎず、軽く馴染ませて粗い目のコームで優しく馴染ませるようにします。シャンプーの洗浄力で毛先の色が落ちやすくなってしまうこともあるので気を付けましょう。

そして、タオルドライしてしっかりと乾かすことも大事!オイルタイプの洗い流さないトリートメントを塗ると、カラーで開いてしまったキューティクルを整え、カラーの落ちも抑えてくれますよ。

トリートメントで色落ちを抑える

また、カラーをすることでキューティクルが開いてはがれやすくなってしまうため、どうしても髪はダメージを受けやすい状態…。そこでおすすめなのが、ヘアカラーの後にはトリートメントをしてあげること。髪のダメージだけでなく、色落ちも抑えることができますよ。サロンのトリートメントは、自宅でやるトリートメントよりも格段に効果の高い栄養補給ができるので、髪が受けたダメージも回復します。

カラートーンを落として艶感アップ!

カラーを定期的にしていると、どんなにケアをがんばってもダメージが蓄積されていきます。色持ちが悪くなったり、染めてもすぐに色が抜けてしまったり、最悪髪がパサついてスタイリングもうまくいかない…なんてことにも。

この場合も、いつも使っているカラーよりもトーンを落とした色を使うようにするのがおすすめです。明るい色ばかりでなく暗めの色も入れることで、艶がよみがえります。

どうしても明るい髪は、毛先のダメージが目立ちやすいもの。一度トーンを落としてみると、髪の色から受けるダメージの印象の違いがわかります。ただ注意したいのは、就職活動中の学生のような黒髪などまでトーンを落とすと、次に髪を明るくしたいと思ったときにムラになりやすいので、美容師さんに相談しながらトーンを考えましょう。

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証