髪のパサつきで悩む方におすすめシャンプーを紹介

TOP » 髪のパサつきはシャンプーが原因カモ!?巷のシャンプー徹底解析! » 「オーガニックシャンプー」12商品を調査!
ページトップへ

「オーガニックシャンプー」12商品を調査!

比較的低刺激で頭皮に優しいと言われるオーガニックシャンプー。ここでは人気の12商品をピックアップ!シャンプーの肝でもある洗浄成分について調査し、中でもそれぞれの目的別におすすめの3選を紹介します。

目的別おすすめオーガニックシャンプー3選

抜け毛・頭皮の乾燥が気になる人には…「シンスボーテ オーガニックシャンプー」

100%天然由来成分のオーガニックシャンプーは、産後で髪が抜けたママ達から支持を受けています。ヒアルロン酸の10倍以上の保湿力を持つサクランやバオバブオイルが髪に潤いと艶を与え、海藻ミネラルが頭皮を健康な状態へと導きます。

特徴・効果

シンスボーテ オーガニックシャンプーは、産後の髪トラブルとして多い「抜け毛」「薄毛」「白髪」の3つのケアのために開発されたおすすめのシャンプーです。これらのトラブルを解消するためには、地肌の保湿と栄養成分を補給することが必要。このシャンプーは海藻と植物の力で頭皮に栄養を与え、しっかりとしたコシのある髪を育てるだけでなく、頭皮細胞の弱体化を予防する効果も期待できます。

シンスボーテシャンプー写真

引用元:シンスボーテ 公式

(http://www.alo-organic.com/shopdetail/000000000104/)

洗浄成分 コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ペンチレングリコール、ラウラミドプロピルベタイン
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 2,800円( 300ml)

髪のパサつきが気になる人には…「ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35」

カラーやパーマ等でダメージを受けた髪を、オーガニックの植物成分やアボカドオイル等が髪の内部から補修、表面を保護し、うるおいのある髪へと導きます。フローラルハーブの香りに癒されると評判のオーガニックシャンプーです。天然アロマの香りでバスタイムが楽しくなるシャンプーです。

特徴・効果

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35は、弱酸性のオーガニックシャンプーとして高い人気を集めています。洗浄成分はアミノ酸系で髪と頭皮に負担をかけず、更にオーガニック成分によって頭皮に栄養を補給します。傷んだ頭皮の修復を早めるアルテア根、頭皮の代謝と血行を促進させて髪の成長を促すオタネニンジン、抗菌作用があるヒキオコシなどの成分で、強く健康的な髪を育てます。

ラカスタアロマエステシャンプー35

引用元:ラ・カスタ公式(http://www.lacasta.jp/

shop/g/g05007/)

洗浄成分 オレフィン(C14‐16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルアラニンTEA、ココベタイン、ココイルサルコシンTEA
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 2,160円(300ml)

髪のボリューム薄毛が気になる人には…「haru 黒髪スカルプ・プロ」

100%天然由来、頭皮に負担をかける合成ポリマーなどの化学成分はゼロ!髪がペタンコだった悩みが解消されるなど口コミも数多く見られます。また、専門家と共同開発されたオーガニックシャンプーでお得な定期購入があります。

特徴・効果

このオーガニックシャンプーのおすすめポイントは3つです。まず、ソープナッツエキスによって角質を除去しやすくして、頭皮の健康を守ること。次に、スイカズラ花エキスとグアバ果実エキスが、髪を紫外線から保護してくれること。最後に、サトウダイコンやヤシの抗菌成分で、頭皮の痒み改善、フケの原因菌の除菌ができること。配合成分がトータルに働いて健康的な髪と頭皮を作り出します。

haruシャンプー写真

引用元:haru 公式(https://goo.gl/LPJ5cE)

洗浄成分

ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン

シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 3,600円( 400ml)

オーガニックシャンプーベストセラー商品

ジョンマスターイブニングPシャンプー(イブニングプリムローズ) スリムビッグ

特徴・効果

とても保湿力が高いオーガニックシャンプーで、配合成分の月見草油によってダメージが蓄積された髪をしっとりと保湿してくれます。また、抗炎症作用や保湿作用に加えて、幹細胞を活性化させると言われているカミツレ花エキスも配合しており、髪を美しくするだけでなく、細胞レベルで髪の成長を促進させてくれる効果が期待できます。きめ細やかな泡立ちとイランイランの香りも好評です。

ジョンマスターシャンプー

引用元:ジョンマスターオーガニック 公式(http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-19)

洗浄成分 ババスアミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ココアンホジ酢酸2Na
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 2,700円( 236ml)

morgansノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (モイスト&フォレスト)

特徴・効果

髪を覆うシリコンを使っておらず、髪と頭皮にかかる負担を軽減するアミノ酸系のオーガニックシャンプーです。頭皮の炎症を鎮め、皮膚細胞の活性化を行うローマカミツレ油を配合し、強い髪を育てるための頭皮を作り出します。また、ユーカリ葉油、ティーツリー葉油でフケや痒みを抑える効果も期待できるでしょう。リラックス効果やストレス解消効果を持つ成分が配合されていることもポイントです。

morgansノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー写真

引用元:morgans 公式(https://goo.gl/4vfasq)

洗浄成分 コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 1,900円( 300m)

「MARKS&WEB ハーバルリペアシャンプー ラベンダー/ゼラニウム」

特徴・効果

頭皮への負担を軽減させるアミノ酸系の洗浄成分をベースにして、シルクタンパクとクレアチンを配合することで髪の指通りを滑らかにしています。また、保湿成分としてグリセリンとハチミツを配合しているため、しっとりと潤う仕上がりが特徴。髪のダメージが気になる方、パサツキが気になる方におすすめのオーガニックシャンプーです。

MARKS&WEB写真

引用元:MARKS&WEB 公式(https://products)

洗浄成分 PEG/PPG-25/30コポリマー、ココイルメチルタウリンNa、エタノール、グリセリン、ラウロアンホ酢酸Na
シリコン可否 -
価格(容量) 2,268円( 500ml)

オーガニック ジューシー シャンプー ZR(500mL)

特徴・効果

ノンシリコンなのにきめ細やかな泡立ちが特徴で、ベタつくことなくスッキリと頭皮を洗い上げてくれます。配合されている成分は果物や野菜などの植物由来成分がメインで、頭皮や髪を保水するザクロ果実エキス、保湿作用で髪をしっとりと潤わせるセイヨウカボチャ果実エキス、紫外線で受けたダメージを補修するコメデンプンなどが含まれています。ベリー系の香りがお好きな方にもおすすめです。

オーガニック ジューシー シャンプー写真

引用元:オーガニック ジューシー 公式(https://goo.gl/kx5c2M)

洗浄成分 ココアンホ酢酸Na、ミリストイルサルコシンNa、ラウリルスルホ酢酸Na
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 2,037円( 500ml)

テラクオーレダマスクローズ ディープリペア シャンプー(250ml)

特徴・効果

オーガニックシャンプーの中には、髪のきしみや泡立ちの悪さが目立つものもありますが、今までそのような理由からオーガニックシャンプーを避けてきた方におすすめです。6種類の植物エキスを配合して植物の洗浄力で髪を洗い上げるため、泡立ちが良く、髪のきしみが軽減されています。また、酸化防止の効果を持つ「セイヨウトチノキ樹皮エキス」を配合していることも特徴です。

テラクオーレダマスクローズ ディープリペア シャンプー写真

引用元:テラクオーレ公式(https://goo.gl/TpdhWC)

洗浄成分 ラウリル硫酸Na、ココアンホ酢酸Na、グリセリン、ラウリルグルコシド
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 2,592円(250ml )

オレンジシャンプー

特徴・効果

オーガニックなオレンジの洗浄力を利用したシャンプーで、頭皮のベタつきや臭いなどのトラブルを抱えている方におすすめです。洗浄成分であるオレンジの他に、30種類ものオーガニック成分を配合していて、髪にハリとコシを与えてくれます。また、潤い成分として海藻エキスが入っており、トリートメントとしての役割を果たしてくれているため、コンディショナーやトリートメントは不要です。

オレンジシャンプー写真

引用元:オレンジシャンプー 公式(https://goo.gl/aD15oZ)

洗浄成分 詳細記載なし/アミノ酸系洗浄成分
シリコン可否 記載ナシ
価格(容量)

1,825円( 300ml)

AROMAKIFI(アロマキフィ)モイストスムースシャンプー

特徴・効果

ヘアケアのメーカーが開発したものではなく、アロマセラピーのメーカーが開発したオーガニックシャンプーです。ノンシリコンに加え、硫酸系界面活性剤、石油系界面活性剤、パラベン、合成香料・着色料、パラベン、鉱物油、動物由来原料を一切使用していません。配合されている植物成分はすべてオーガニックコスメの基準を満たしたもので、植物の力によって優しく髪と頭皮を洗い上げます。

AROMAKIFI(アロマキフィ)モイストスムースシャンプー写真

引用元:AROMAKIFI公式(https://goo.gl/x9AQFG)

洗浄成分 詳細記載なし/アミノ酸系洗浄成分
シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 1,200円( 500ml)

プレイバックオーガニックシャンプー

特徴・効果

ボタニカルエキスがなんと100種類も配合されているというシャンプー。そのうち、有効成分となっているのは8種類の植物エキスで、保湿効果のあるアロエべラ、紫外線からのダメージを補修するウイキョウ果実エキス、保湿効果によって頭皮の乾燥を予防するウメ果実水、頭皮や髪の水分を維持するタンカン果実水などを配合。全体的に、髪と頭皮の乾燥をケアする効果が高いオーガニックシャンプーです。

プレイバックシャンプー写真

引用元:プレイバック 公式(https://goo.gl/LPJ5cE)

洗浄成分 詳細記載なし
シリコン可否 ノンシリコン
価格(容量)

1,800円( 550ml)

オルモニカオーガニック スカルプケアシャンプー

特徴・効果

頭皮環境を第一に考えたシャンプーで、保湿効果とエモリエント効果によって頭皮の乾燥を予防し、オリーブ油、シア脂、ホホバ種子油などの植物性オイルを配合することによって頭皮と髪の水分を維持させます。また、オーガニックシャンプーでありながら、まるでクリームのような泡立ちであることも特徴。エッセンシャルオイルを配合することで、髪の洗浄だけでなく、気持ちのリラック感と安眠にも効果的です。

オルモニカオーガニック スカルプケアシャンプー写真

引用元:オルモニカ 公式(http://ormonica.jp/ingredients/)

洗浄成分 コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、塩化Na、ココイルグルタミン酸Na
シリコン可否 ノンシリコン
価格(容量) 1,680円(550ml )

CU(チャップアップ) CUシャンプー

特徴・効果

スカルプシャンプー部門でランキング1位を獲得したオーガニックシャンプーで、毛髪診断士と美容師が共同開発したことで話題となりました。有効成分として、22種類の植物系成分、10種類のオーガニック成分を配合。主な効果は育毛と発毛促進ですが、同時に痒みやフケ、抜け毛予防の効果もあります。育毛ローションとの併用で更に効果がアップすると言われています。

CUシャンプー写真

引用元:CU 公式(https://goo.gl/DFLZPU)

洗浄成分 詳細記載なし
シリコン可否 ノンシリコン
価格(容量) 4,180円(300ml )

haru 黒髪スカルプ・プロ

特徴・効果

髪年齢を若返らせる効果が期待できる完全オーガニックシャンプーで、シリコン、合成ポリマーなどの化学成分は添加されていません。ヤシから抽出された洗浄成分によって頭皮の汚れをスッキリと落とし、海塩や褐藻から生成されたミネラルによって、若々しく艶やかな髪をキープします。その他、頭皮サイクルを整えるキャピキシル、細胞の活性作用があるリンゴ果実培養細胞エキスなども配合。

haruシャンプー写真

引用元:haru 公式(https://goo.gl/LPJ5cE)

洗浄成分

ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン

シリコン可否 ノンシリコンシャンプー
価格(容量) 3,600円( 400ml)

そもそも…オーガニックとは?

オーガニックシャンプーとは、農薬や化学肥料などを一切使わずに、有機栽培で作られた農作物や植物を原料にしたシャンプーの事。食品の場合では、農林水産省が認定したものには有機JASマークが表示されているので、買い物する際の目安などになります。シャンプーは農林水産省ではなく厚生労働省の管轄になるので、有機JASマークなどはなし。では、どんなマークを見て選べばいいのかと言うと、これが実ははっきりとはしないない状態なのです。

食品においてはオーガニック基準が統一されているのですが、それ以外はまだ統一はされておらず…すなわち、シャンプーに関しては各社メーカーが定めたオーガニック認定団体の認可などを受けている状態なのです。

有名オーガニックブランドともなると、オーガニックの先進国ともいえるアメリカやヨーロッパの団体における認定マークを表示していることがほとんどです。

とはいえ、原料は有機栽培された植物成分がメインですから、お肌への安全性は高く機能的にも安心できるもの。なかでもラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸Naといったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激で洗浄力もあるといったいいとこ取りの成分ですから、オーガニックシャンプーでも良く見かけるものとなっています。ただ、コストが高いので、シャンプーの価格もそれだけ高くなってしまいます。

オーガニックシャンプーが合う人、合わない人がいる!?

オーガニックシャンプーは、低刺激でマイルド、優しく髪を洗い上げて、ふんわりとした仕上がりにしてくれのが特徴のシャンプーです。パーマやカラー、縮毛矯正などをしてダメージを受けている髪や、髪にコシがなくなってきた…なんて人には最適。マイルドな洗浄力で髪を優しくいたわり、パーマやカラーなどの持ちも良くしてくれます。

オーガニックシャンプーが合わない人とは?

普段からワックスなどの整髪料を使っている人や、アレルギーの可能性がある人です。

整髪料は、洗浄効果が高いシャンプーで洗わないと、なかなかきれいには取り除けません。ワックスでベタベタ、スプレーでカッチカチに固めてしまった髪には、オーガニックシャンプーの洗浄力では弱すぎてきれいに落とせない!また、オーガニックシャンプーは泡立が少ないタイプが多いですから、すっきりと洗った感も得られず…物足りなさを感じてしまう事もあるようです。

アレルギー体質や敏感肌の人は注意

また、オーガニックシャンプーには、ナッツやアルガンオイル、オリーブオイル、アロエエキスなど…さまざまな植物エキスが使われていますから、植物アレルギーが出て、肌トラブルを起こす可能性もあり。もともとアレルギー体質の人や敏感肌の人は、注意が必要と言えます。

オーガニックシャンプーだから絶対に頭皮や髪に優しいというわけではありません。まずはその特徴と、どんな洗浄成分や植物成分を使っているかを知る事が大事なのです。

オーガニックシャンプーは、フケ、かゆみにもいい?

髪に優しい成分を配合した「オーガニックシャンプー」。有機栽培によって生産された原材料を使い、植物由来の成分が豊富に配合されていることなども特徴の一つに挙げられています。

オーガニックシャンプーの長所は、頭皮が敏感であるもしくは荒れやすい状態に対して、低刺激かつ肌に優しいということ。

自然派の製品ほど、アトピー肌や乾燥肌にも優しく、無添加タイプのものは肌に余計な刺激を与えません。

無添加タイプのシャンプーでかゆみを予防

界面活性剤などの化学系の添加物を配合しているシャンプーは、肌に負担をかけたり、余計な刺激を与えて頭皮にかゆみを引き起こす可能性があります[1]。

頭皮は顔と同様に、常に外気にさらされており、外からの刺激に反応しやすい部分です。頭皮が荒れるほどかゆみが増し、手指で掻きこすることによりフケが増えるといった可能性もあります。

肌が弱い人は、ちょっとした刺激や化学成分にも反応してしまう可能性がありますから、シャンプーなどの洗浄剤も肌に優しいものを使うことをおすすめします。

適度な保湿で洗いすぎを予防する

フケには、乾燥肌によるフケと、皮脂の分泌によって生じるフケがあります。

これらのフケのうち、毎日洗い落とすべきとされるのは、皮脂の分泌によって生じるフケのほう。反対に、乾燥肌によって生じるフケはきれいに洗い落とすものではなく、「肌への保湿が足りていないサイン」と考えられます。

頭皮は顔と同じく外気にさらされ続けている部位なので、適度な潤いがなければすぐに乾燥してしまいます。

特にシャンプーの後リンスなどの保湿を行わない場合、保湿力の高いシャンプーを使うことで、乾燥タイプのフケを予防することができます。

脂っぽいフケではなくパサパサとしたフケが多くみられる場合には、頭皮に潤いが足りていない証拠。オーガニックシャンプーの中でも、特に潤いや保湿の機能が強化されているものを選ぶと良いでしょう。

肌に負担をかけないものを選ぼう

頭皮にフケやかゆみが出ている場合には、市販のシャンプーではなく、無添加で低刺激のオーガニックシャンプーなどをおすすめします[2]。

オーガニックシャンプーは、有機栽培によって生産された安全性の高い原材料による「低刺激」洗浄と、ダメージの少ない洗いあがりが特徴です。

エイジングやヘアアレンジによるダメージが蓄積している頭皮、乾燥肌や敏感肌などでフケ、かゆみが出ている頭皮にも優しく、髪に負担をかけずに頭皮も健やかにキープ。しつこいかゆみやフケをケアしたい時に向いています。

中にはしっかりと髪と頭皮を保湿するものもありますので、ベタつき加減などが気になる場合はさっぱりタイプのシャンプーを選ぶと良いでしょう。

また、オーガニックシャンプーはフケやかゆみが解消するまで使い続けるのがベストです。一時的にオーガニックシャンプーに替えても、頭皮環境がすぐに改善されるわけではありません[3]。

頭皮は肌のサイクルにしたがいながら、中~長期で変化を繰り返しています。髪の毛も、頭皮のコンディションとサイクルに応じて抜け替わっています。

頭皮環境を整えるには、最低でも1ヶ月以上の時間が必要です。オーガニックシャンプーも、納得のできる製品を選んだ後は1ヶ月、2ヶ月と続けて使いながら様子をみるようにしてみてください。

肌がベタつく、かゆみがかえってひどくなるといったトラブルが出た場合はすぐに使用を中止してください。

肌質にシャンプーが合っていないようなケースでは、シャンプーを変更することでトラブルが収まる可能性もありますので、さまざまな製品の中から自分の肌質に合うものを探してみてください。

【参考URL】

参考[1]:『香粧品洗浄剤と皮膚生理』須 貝哲郎 大阪回生病院皮膚科
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj1979/27/4/27_4_535/_pdf/-char/ja

参考[2]:『手指洗浄剤の科学』
http://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/01/01_05.pdf

参考[3]:『美しい髪と頭皮のための髪育BOOK』
https://www.finevisual.jp/skincare/images/scalp/hatsuikubook.pdf

日本人の髪のために作られた国産のオーガニックシャンプーをチェック

おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー
話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証
おすすめ サロン専売&プロデュースシャンプー 話題の国産ラカスタアロマエステシャンプーを検証